建物の構造に関する基準として耐震等級があります。|茨木市不動産購入売却査定情報館

最近耐震等級の問合せがありましたので耐震等級と耐震診断の違いの話です。

耐震等級は、耐震等級1~3に分けられていて、… 耐震等級3が最高等級となっています。
耐震等級1(*数百年に一度発生する(住宅の密集する都市で震度6強から震度7程度)地震に対して、倒壊・崩壊しない。 *数十年に一度発生する(住宅の密集する都市で震度5強程度)地震に対して、損傷しない。 )と同程度の建物 耐震等級2 等級1で想定する地震の1.25倍に耐えられる 耐震等級3 等級1で想定する地震の1.5倍に耐えられる
耐震等級1の基準が、建築基準法と同等となり、建築できる最低基準となります。震度6~7程度の地震に対して倒壊や崩壊はしませんが、 損傷の可能性はあると言うことです。 ちなみに 長期優良住宅には耐震等級2相当以上の強度が求められます。
耐震診断は 既存の建築物で旧耐震基準で設計され耐震性能を保有していない建物を、現行の耐震基準で耐震性の有無を確認することです。
極めてまれな大規模地震に対して、建物の倒壊する可能性がどの程度あるのか、建物の状況を調査した上で計算を行い、耐震性をお知らせするものです。
そこから耐震改修工事をして耐震基準を満し耐震基準適合証明書を発行することが可能な場合は、 住宅ローン減税 登録免許税の減額 不動産取得税の減額 地震保険の割引 などのメリットがあります。
グッドの仲介では中古住宅でも耐震基準適合証明書、既存住宅売買かし保険が付保できるようにご提案可能です。 (正し、木造住宅の戸建のみ対応可能ですかそれ以外は検討させていただきます) なにか気になる物件がある場合にはお気軽にお問合せください。

茨木市不動産購入売却査定コンサルティング

茨木市不動産購入売却査定情報館
センチュリー21グッドコーポレーション
 フリーコール 0800-888-5521
 ホームページ https://www.a-fudousanya.com/
 E-mail info@a-fudousanya.com
 
   将来、売れる家なのかを、無料AI診断が可能です。
 買ってはいけない家を教えます。
 ご利用はこちらから。
 https://www.anshinmyhome.com/selfin/
 
  ご希望の条件に当てはまる不動産情報が
 安心のAI診断書付きでお手元にメール送信
 ご利用はこちらから。
 https://www.anshinmyhome.com/物件提案ロボ/
 
  30分で500万円得する住宅FP資金計画
 月額支払い程度の薄い内容ではありません。
 定年後の年金も視野に入れた資金設計内容です。
 老後も含めた資金計画です。
 ご利用はこちらから