「赤い土地」や「青い土地」?土地に色がついている!?|茨木市不動産購入売却査定情報館

土地の公図(法務局備え付けの地図)を見ていたところ、地番も何も記載されていない土地がありました。

宅地建物取引士の藤原です。

先日、契約の前提として土地の公図(法務局備え付けの地図)を見ていたところ、地番も何も
記載されていない土地がありました。
通常の土地にはそれぞれ地番という番号が振られています。
今回の地番のない土地は、俗に「赤道(アカミチ)」と呼ばれる土地でした。
以前は、旧公図と呼ばれる法務局に保管されている古い地図上において、その土地の状況に
よって色付けがされていました。
赤で色付けされた部分は「赤道(アカミチ)」と呼ばれ、道路部分であった箇所になります。
その他にも青く塗られた「青線(アオセン)」と呼ばれる水路部分や、田畑の周辺で緑色に
塗られた「畦畔」などがあります。
手書きの地図だからこその手法ですね。
色付けをすることで、一覧して土地の状況を把握することができました。
現在法務局で取得できる公図では色分けはされていません。
素っ気ない空欄の土地となってしまいましたが、当時の名残で地番の振られていない土地として
残ってしまっているのです。
これらの土地はどれも国有の財産となっていますので、都道府県や市区町村、財務省の所有となります。
手続きを踏めば、購入することができるケースもありますが、確認が必要となります。
購入した土地の一部にこうした国有地が含まれていると、管理や処分に支障がある場合もでてきます。
ご購入を検討される土地については、公図などの資料も確認するようにしましょう。

茨木市不動産購入売却査定コンサルタント

センチュリー21グッドコーポレーション
 フリーコール 0800-888-5521
 ホームページ https://www.a-fudousanya.com/
 E-mail info@a-fudousanya.com
 
   将来、売れる家なのかを、無料AI診断が可能です。
 買ってはいけない家を教えます。
 ご利用はこちらから。
 https://www.anshinmyhome.com/selfin/
 
  ご希望の条件に当てはまる不動産情報が
 安心のAI診断書付きでお手元にメール送信
 ご利用はこちらから。
 https://www.anshinmyhome.com/物件提案ロボ/
 
  30分で500万円得する住宅FP資金計画
 月額支払い程度の薄い内容ではありません。
 定年後の年金も視野に入れた資金設計内容です。
 老後も含めた資金計画です。
 ご利用はこちらから

 

各専門サイトから失敗のない不動産選びをサポートしています
不動産売却専門     :https://a-baikyaku.com
損しない不動産購入   :https://www.anshinmyhome.com
茨木市リノベーション  :https://www.a-fudousanya.com/reformsystem
茨木市リフォーム    :https://a-koumuten.com
茨木市賃貸物件     :https://www.a-oheya.com
茨木市貸事務所・貸店舗等:https://www.akindnet.com
茨木市投資用物件    :https://www.a-toushi.com
茨木市住宅ローン返済で :https://jutakuloankyusai.com
お困りの方