中古住宅の性能評価が大きく変わる!住宅性能を測る「ものさし」とは?| 茨木市

2000年にスタートした住宅性能評価制度は、その後の長期優良住宅制度との相乗効果で、新築では有効に活用されている制度です。
それまで感覚でしか判断できなかった「良い家」を一般の方でもわかりやすく判断できるようにした功績は大きいと思います。

この一般の方でもわかりやすく判断できる指標をここでは「ものさし」と表現します。

耐震等級とか省エネ等級とか目にされたことはあると思います。
 住宅性能評価制度では各性能項目に対して最大4段階の等級で性能を示します。
 等級1は現行基準相当、等級2は現行基準のおよそ1.2倍、等級3は1.5倍という目安になります。

一方、中古住宅はどうかというと、既存住宅版の性能評価制度は存在します。
しかし、制度の仕組みに少し問題があり、あまり活用されていないのが現状です。
 家は建ってしまうと基本性能を担うパーツはほとんど隠れてしまうので、既に建っている住宅の見えない部分の評価が難しく、
 中古住宅の性能評価制度では見えない部分評価しない、という厳しめの運用ルールな為、既存住宅であるという時点でほとんど評価できない状態になってしまうのです。

この中古住宅の性能評価制度が2016年に見直されます。
ある意味中古住宅こそ、一般の方でもわかりやすく判断できる「ものさし」が必要です。

制度の詳細はこれからの発表ですが、不動産広告に性能評価が記載されるような運用が実現すれば、今よりもっと中古住宅が買いやすくなると期待しています。

その不動産の購入方法間違えていませんか!?損をしない不動産の購入方法お教えします!

センチュリー21グッドコーポレーション
 フリーコール 0800-888-5521
 ホームページ https://www.a-fudousanya.com/
 E-mail info@a-fudousanya.com
 
 将来、売れる家なのかを、無料AI診断が可能です。
 買ってはいけない家を教えます。
 ご利用はこちらから。
 https://www.anshinmyhome.com/selfin/
 
  ご希望の条件に当てはまる不動産情報が
 安心のAI診断書付きでお手元にメール送信
 ご利用はこちらから。
 https://www.anshinmyhome.com/teianrobo/
 
  30分で500万円得する住宅FP資金計画
 月額支払い程度の薄い内容ではありません。
 定年後の年金も視野に入れた資金設計内容です。
 老後も含めた資金計画です。
 ご利用はこちらから
https://www.anshinmyhome.com/sikinsimulation/

 

各専門サイトから失敗のない不動産選びをサポートしています
茨木市不動産売却専門  
https://a-baikyaku.com

 

損しない茨木市不動産購入
https://www.anshinmyhome.com

 

茨木市リノベーション  
https://www.a-fudousanya.com/reformsystem

 

茨木市リフォーム    
https://a-koumuten.com

 

茨木市賃貸物件     
https://www.a-oheya.com

 

茨木市貸事務所・貸店舗等
https://www.akindnet.com

 

茨木市投資用物件    
https://www.a-toushi.com

 

茨木市住宅ローン返済でお困りの方
https://jutakuloankyusai.com